2022年度 実務家教員等育成のための研修講師養成プログラム

 ポスターのダウンロードはこちら
案内文はこちら

 

目的

産学の連携により、学生がインターンシップで実社会を経験しながら、社会と結合した大学での学びに注力することが卒業後の活躍につながる社会、リカレント教育など社会人となっても学び続け、チャレンジし続ける時代がようやく到来するか、重大な岐路を迎えています。このような中で教育・雇用一体改革を軌道に乗せることに貢献すべく、学びと社会をつなぐことにより、学生の大学教育への動機付けを高めるとともに、社会人をリカレント教育へ惹き付けることを目指し、実務家教員の育成に関する取組がなされ始めています。

産学が連携して人材と知の循環を促進しつつ、実践的かつ広く深い学びを追求し、学生も社会人も学び続けチャレンジし続ける社会の実現と、未来を拓く人材の各界への輩出のため、その中心的役割を担う実務家教員の養成及びその持続的な育成・活用システムの構築は重要な課題です。

そこで、本プログラムは、実務家教員を含む大学教員のための研修講師を養成するため、実際の研修プログラムの参与観察に加え、研修の開発・実施側の視点に立った考察の機会や議論の場を提供することにより、将来、実務家教員を含む大学教員のための研修ファカルティ・ディベロップメント(FD)の開発・実施に関する実践的知見を持つ人材の育成を目指します。

 

プログラムの達成目標

本プログラム受講者は、次のことができるようになることを目指します。

 

プログラムの内容

現在の実務家教員の多様な在り方に鑑み、実務家教員を含む大学教員に共通に必要とされる教育実践力(汎用的な専門性)を高めるカリキュラムを持つ履修証明プログラム「産学連携教育イノベーター育成プログラム(AIBET)」を活用し、実務家教員を含む大学教員のための研修を担う講師を養成します。本プログラムでは、上記目標を達成するために、受講者は次の活動に取り組みます。

※本プログラムは、文部科学省「持続的な産学共同人材育成システム構築事業」の一環として提供されます。

 

応募資格

下記の①もしくは②のいずれかに該当する者。

  1. 文部科学省「持続的な産学共同人材育成システム構築事業」において実施される実務家教員研修プログラム修了生で、大学等での授業実施経験のある者(常勤・非常勤等は問わない)
    ※該当プログラム:産学連携教育イノベーター育成プログラム(提供校:東北大学他)、進化型実務家教員養成プログラム(提供校:名古屋市立大学他)、実務家教員養成課程(提供校:社会構想大学院大学他)、実務家教員育成研修プログラム(提供校:舞鶴工業高等専門学校他))
  2. 高等教育機関における教員研修(FD)担当者・担当候補者

 

定員 5名程度

 

費用 無料

但し、対面(東京又は仙台)で実施する研修項目に対面で参加する場合、交通費・滞在費等は本人負担となります。

 

応募方法

  1. 応募期間:2022年6月1日(水)~20日(月)
  2. 応募書類:応募フォーム(Google Form) https://forms.gle/dHPLs9s94ECULPV88
  3. 推薦書:応募資格②の方は、所属機関の上長より推薦が必要となります。上長に確認の上、応募フォームに推薦者名・連絡先を記載してください。後日、事務局(innovator.jitsumuka@grp.tohoku.ac.jp)より推薦者へ連絡させていただきます。

 

選考方法・日程

書類選考を行う。

 

2022年度スケジュール

 

修了要件

開講期間内に本プログラムの20時間の課程を全て受講すること。
修了した際には、受講証明書を発行します。

 

問い合わせ先

文部科学省「持続的な産学共同人材育成システム構築事業」運営拠点
代表校(事務局):東北大学 高度教養教育・学生支援機構 大学教育支援センター
〒980-8576 宮城県仙台市青葉区川内41   Tel:022-795-4472・4473
Email:innovator.jitsumuka@grp.tohoku.ac.jp